十条子どもイベント-大人も楽しめる“ちいさな映画会” 十条子どもイベント-大人も楽しめる“ちいさな映画会”
上映作品 上映時間 映画のお話 会場地図 鑑賞券 お問い合せ おまけ
映画会の報告をみる
上映作品
01 パンと裏通り

作品写真■映画■
監督:アッバス・キアロスタミ [1970年]
イラン [12分/白黒]

「友だちのうちはどこ?」、「オリーブの林をぬけて」などを代表作に、1997年「桜桃の味」で、カンヌ国際映画祭大賞を受賞したアッバス・キアロスタミ監督のデビュー作。
お使いの帰り道、怖そうな犬に道をふさがれ困ってしまう男の子。通りすがりのおじさんにくっついて犬の前を通ろうと待っていると、おじさんは手前で曲がってしまう。はたして、男の子はこの道を通れるのか?
第1作目にして、あの黒澤明監督にも絶賛されたかわいらしくも映画的エッセンスに溢れた作品。


02 粘土

作品写真■アニメーション■
監督:ヤロスラフ・ザフラドニーク [1972年]
チェコスロバキア [4分/カラー]

粘土で作品を作る彫刻家の横で、余った粘土の固まりが人形になって動き出す。怒ったり、甘えたり。抱腹絶倒のキャラクタ−と彫刻家のやり取りが楽しい粘土アニメと実写を混ぜた短編作品。


03 飲みすぎた一杯

作品写真 ■アニメーション■
監督:ブジェチスラフ・ポヤル [1953年]
チェコスロバキア [19分/カラー]

恋人の待つ町まで、道ばたのカタツムリを避けながらのんびり走るバイク青年。一休みしにカフェに入ると、そこでは結婚式が行われていた。お祝いの酒を振る舞われ、断りきれず、ついに青年は酔っぱらってしまう。カフェをあとに、昼間とは打って変り猛烈にスピードを上げる青年は、高揚しながらとなり町を目指すが…。
夜道に映るヘッドライト、バイクの横をすっ飛ぶガードレールの影。横を走る機関車の車窓の明かりが照らす道に疾走するバイクの影が被さる。映画的スピード感と描写が見事なチェコスロバキアのアニメ作家ブジェチスラフ・ポヤル監督の人形アニメ作品。

▲ページの先頭へもどる
上映時間
各回の所要時間とスケジュール
各回の所要時間は、3本の映画上映と映画のお話しを含む約1時間です。
(1) 10:30〜11:30 (2) 11:50〜12:50 (3) 13:30〜14:30
(4) 14:50〜15:50 (5) 16:10〜17:10 (6) 17:30〜18:30
各回、定員は40名です。
 
映画のお話
映画館と同じ「映写機」がやって来る!
各回とも、3本の上映の合間に、映画の映る仕組みやアニメの作り方などをレクチャーしながら、映画館で使う映写機と35ミリフィルムを使って、子ども大人も一緒に楽しめる愉快な短編3本を上映します。
 
おまけ
もれなくもらえるお楽しみ!
入場者全員に「本物の映画フィルム」と「EAT&ARTのTARO特製キャンディー」をご用意しました。
 
会場地図 地図
会場「十条銀座商店街ホール」への行き方
JR埼京線・十条駅北口下車、徒歩3分。十条銀座アーケード中ほど・メンズヤマダ隣「商店街会館」2階
 
鑑賞券
鑑賞券のお求め方法
大人(18才以上)500円、子ども200円の当日券を会場で販売します。
各回とも定員40名。開始10分前から先着順で入場していただきます。
定員になりました場合、申し訳ございませんが別の回をご利用ください。
※未就学のお子様だけでの入場はお断り致します。
▲ページの先頭へもどる
 
お問合せ

本映画会に関するお問い合わせは、メール(シネカフェSOTO宛)にて承ります。(宛先:ENTR'ACTE 柳田)
>> メールお問い合わせはこちら

 
大人として、ある「子ども映画会」に参加した時のことです。結末を自由に解釈できる映画を観たあと、司会にマイクを向けられた小学生の女の子が自分の感想を語りました。
大人が想像する内容と全く変わらない感想を述べていたことにまず驚きましたが、何よりも驚いたのは、その女の子が飾らずに使い慣れた言葉でそれを語っていたことでした。それは、私が忘れていた誰の心にも伝わる素直で優しい表現でした。
考えてみれば、知らない者同士が同じ暗闇でひとつの映画を体験することは、とても不思議なことです。私がこの女の子の感想を聞く機会に恵まれたことは、映画の内容もさることながら、さらに魅力的で幸運なできごとでした。
私はこの上映会を通じ、そこに人が集い、そしてその映画について自然と語りたくなるような、そんな場がつくられることを期待しています。
現在、映画の上映を軸に、飲食の提供やそれに関する情報を得られる書籍等を一緒に体験できる、好奇心一杯の楽しい場を作ろうと鋭意計画中です。
今回は、そんな場の創造を一緒に計画しているEAT&ARTのTAROさんに、この映画会に合わせお菓子を作ってもらいました。上映後の道すがら、このお菓子を食べながら、今観た映画についてみんなで語り合ってみて下さい。映画を観ていた時と同じように、楽しいひとときを過ごしている実感をきっと味わっていただけるはずです。

ENTR'ACTE 柳田尚彦
EAT & ART TARO

最後にこの場を借りて、この企画上映を実現するにあたりご協力いただいた以下の皆様に御礼申し上げます。
主催:十条銀座商店街振興組合
上映:鈴木映画
フィルム:レンコーポレーション/ユーロスペース
監修:竹石研二
協賛:EPSON
▲ページの先頭へもどる
Copyright (C) 2006 ENTR'ACTE. All rights reserved.
主催:十条銀座商店街振興組合リンク 主催:十条銀座商店街振興組合リンク 映画会の報告